よくある質問

いまさら聞けない、あの質問この質問・・・。 まず、無料講習会のテキストを開いてみましょう。このページ最下部からもダウンロードできます。テキストを探しても見つからなかったら、即ご連絡ください。女性スタッフが、一つ一つわかりやすく・親切・丁寧にご説明します。

悩める女性をバックアップ
悩める女性をバックアップ

なぜ対面の打ち合せにこだわるのですか?

格安ホームページ制作会社のほとんどは、メールと電話だけのやり取りで、ホームページを制作します。Word Pressなどのテンプレートを利用するので、文章や写真を揃えて、見かけを整えるのは容易です。しかし、実際には、見かけだけでは、ホームページの訪問者を満足させることはできません。ホームページの制作の目的を明確にし、ホームページの独自性を追及することは、最も困難な作業です。それをお客様任せでなく、対面の打ち合わせで引き出してこそ、ホームページ制作会社といえるのではないかと考えております。

作成に必要な期間はどれくらいですか?

Jimdo Freeプランの場合、ホームページに載せる記事(文章)や写真・イラストがお揃いの場合は、打ち合わせから1カ月~1カ月半を目安としてください。文章の手直しや、写真やイラストの選択を弊社にお任せになる場合は、2カ月程度かと思います。 お急ぎの場合は、予めお知らせください。主要なページを先に仕上げて公開し、後からページを補充していくという方法もあります。

自分で用意する原稿や写真は、手直ししてもらえるの?

原稿の手直しや、イメージ写真・イラストの選択もお任せください。お客様の中には、過去のチラシだけをお送りいただき、文章はそこから抜粋し、写真・イラストは弊社が選んでホームページを作成した例もございます。 また、弊社からも「ここには、こういった文章を入れたほうが良いです」といったようなご助言を積極的に行っております。 例えば、

  • お客様にアピールするために具体例を追加してください
  • 読みやすくするためにページを分けましょう
  • 強調すべきと思われる部分は、文字の色やサイズを変えておきました

などです。安心してお任せください。 

ファビコンはどうやって作るの?

ファビコンとは、ブラウザのタブのタイトルの前に表示される小さなアイコンのことです。

ホームページのシンボルマークで、ブランディングやクリック率のアップへ効果があるといわれています。画像で言うと、赤に白抜きのWがそれに当たります。

シンプルなロゴならそれを小さくして表示するのが一般的です。小さくするとつぶれてしまって、図柄がよくわからなくなってしまう場合は、ロゴとは別に、商品やサービスをイメージしやすいものを用意します。

 

Jimdoでは、16×16px(ピクセル)か、32×32pxの画像が必要です。[管理メニュー]>[基本設定]>[共通項目]の[ファビコン]タブでファビコンをアップロードできます。

 

こちら(iconDB)は、英語のサイトですが、大変使いやすくシンプルな無料アイコンが多数用意されています。色やサイズも選べて便利です。このサイトからアイコンをダウンロードして、ご利用ください。

こちら(Favicon Generator)は、任意の画像ファイルを縮小して、各種サイズのアイコンを作成してくれるツールです。お気に入りの画像でファビコンを作成できます。

リストや見出しの前にどうやってマークを表示しているの?

Jimdoでは、通常リストは、数字か、●のリストしか選択できません。

  1. 数字のリスト1
  2. 数字のリスト2
  • 丸のリスト1
  • 丸のリスト2

非表示のメニューにマークを配置したうえで、管理メニューのヘッダー編集に、マークを利用する独自のCSS(書式)を追加します。文章の< />でそのCSSを利用すると次のようなリストが実現できます。

  • マーク付きリスト1
  • マーク付きリスト2

このためには、残念ながら、CSSの知識が必要になります。CSSの知識のある方、また、無い方でも自分で試してみたい方は、続きをお読みください。

CSSの知識のない方は、CSSを長い時間をかけて自分で勉強するという方法もありますが、 まずは、プロに任せてしまう。その上で、自分のホームページに必要な部分だけを教えてもらうというのは、いかがでしょう。

弊社からは、マークの例を提示させていただき、そこからお気に入りのものをご選択いただくようにしています。

さまざまなマークがご用意できます。是非ご検討ください。 

Googleマップに××km圏内の円を足したいのですが・・・?

Jimdoでは、GoogleマップやGoogleカレンダーを簡単に挿入で来て大変便利です。ただ、標準の機能では、位置情報だけで○km圏内のような円は表示することはできません。開発者用にGoggleが用意したGoogle Map Javascript APIを利用すれば、可能です。 こちらも、残念ながらJavascriptの知識が必要になります。GoogleのログインIDをお持ちでない方は、それを取得する作業から始めなくてはなりません。 弊社では、ログインIDの取得からGoogleマップの設定までを代行します。 そのうえで、納品時の『無料講習会』でその使用法をご説明します。

これ↓は、簡単に挿入できるけれど

これ↓は、Javascriptの知識が必要です。


検索で上位に上がることは可能ですか?

専門用語でいうところのSEO対策は、他のホームページ制作会社同様、標準で行っております。お客様が選択したキーワードを効率よく配置します。ただし、上位表示の条件としては、それだけでは不十分な場合が多くみられます。例を挙げると、以下のような場合、上位表示されにくくなります。

  • 同じキーワードを選択しているサイトが多数ある場合
  • ホームページ上の情報が少ない場合
  • ホームページの更新の頻度が低い場合

そのため、お客様はホームページ制作の極意を参考に、ページごとのタイトル説明を十分に練る必要があります。そんな時こそ、対面での打ち合わせが力を発揮します。一緒にじっくりと検討いたしましょう。

また、上位表示されるために、Googleアナリティクスとの接続は重要です。Google アナリティクスとホームページを接続するということは、Googleの検索に対して、あなたのホームページの存在を知らせるということになります。その結果、Googleの検索を介して、あなたのホームページにいつ何人が訪問したのか、どんな言葉で検索され、どこから訪問者が来るのかなどの詳細情報を得ることができます。

Googleアナリティクスは、現在Yahoo!の検索でも採用されています。Yahoo!の検索では、さらに有料の登録機能があり、それを利用すると上位に表示される確率が大幅に増します。 

専門用語集

本ホームページ上にでてくる、ホームページ制作上の専門用語をわかりやすく説明します。

CMS(シーエムエス), Joomla!(ジュームラ), Jimdo(ジンドゥー)

CMS(シーエムエス)とは、Contents Management System(コンテンツ マネージメント システム)の略です。ホームページを制作するうえで、文章や写真、動画といった要素を管理するための仕組みです。CMSを使用すると、これらの要素の追加・更新・削除などが、比較的簡単に行えます。CMSとしては、Word PressやJoomla!が世界でも1,2位を争う人気です。 ドイツで生まれ、日本ではKDDI Web Comunicationsと提携しているJimdoは、広義では、CMSといえるかもしれませんが、正確には、レンタルサーバーと一体型のホームページ作成ツールです。Word Press・Joomla!よりさらに簡単な操作でホームページを制作することができます。

テンプレート

テンプレートとは、ホームページのデザインやレイアウトを規定するひな形です。例えば、メニュー位置は上なのか、左袖なのかということが、あらかじめ決まっています。Jimdo Freeプランでは、お客様には、好みや用途にしたがって、まず、テンプレートを選択していただきます。

SEO(エスイーオー)対策

SEO(エスイーオー)とは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)の略です。Yahoo!・Googleなどの検索結果で、サイトが上位表示されるために行う様々な対策のことを指します。検索されるために、最適なキーワードを選んだり、外部からのリンクなどが有効とされています。 SEO対策を専門とする会社もあり、その場合30キーワードの選出と配置でで50万以上という高額なものもあります。

サーバー

サーバーには、広い意味がありますが、ホームページ制作上でサーバーというと、ホームページの情報を保存する場所になります。サーバーは、一般的には、レンタルサーバー会社で借りるのが普通です。会社ごとに値段や、保存できるデータの量が異なるので、よく調べてから選ぶ必要があります。 Jimdo Freeプランをご利用な場合、面倒なレンタルサーバー会社の選択やドメインの取得の手続きなどは不要です。

ドメイン

ドメインとは、ホームページの住所のようなものです。 http://www.○○○.com/ などの、○○○の部分をドメインと呼びます。 ドメインは、唯一無二のものです。そのため、すでに使われているドメインを自分のホームページにつけることはできません。また、ドメインの後ろの部分に一般的な、.comや、.co.jpを使用する場合、取得料が発生します。 弊社のJimdo Freeプランでは、ドメインの後ろの部分に.jimdo.comを使用します。この場合、ドメイン取得料は無料です。 すでに取得済みのドメインや、.comや、.co.jp等をご使用になりたい場合は、Jimdo Proプランでは11,340円/年、Jimdo Buisinessプランでは28,980円/年の費用が発生します。サーバー料金も含まれているので、大変お得です。

Googleアナリティクス

Google アナリティクスとJimdoを接続するということは、Googleの検索に対して、あなたのホームページの存在を知らせるということになります。その結果、Googleの検索を介して、あなたのサイトにいつ何人が訪問したのか、どんな言葉で検索され、どこから訪問者が来るのかなどの詳細情報を得ることができます。

Googleアナリティクスは、現在Yahoo!の検索でも採用されています。Yahoo!の検索では、さらに有料の登録機能があり、それを利用すると上位に表示される確率が大幅に増します。


ダウンロード
Jimdo操作マニュアル 2017.3更新
運用導入時に本マニュアルを使って、Jimdoの操作をご説明します。Jimdo 新UIに対応いたしました。
Jimdoマニュアルお客様向け-ver3.pdf
PDFファイル 2.0 MB