Jimdo Freeでここまでできる

Jimdo提供のテンプレートから、一歩踏み込んだデザインを実現したい初心者向けのガイドです。専門用語はなるべく使用せずに説明しています。 

独自の書式(CSS)の利用

ここには、

  • テンプレートには無い独自の書式(CSS)を用いて、デザインを実現する方法
  • 文章で[</>]アイコンを押して、[HTMLを編集する]方法

が出てきます。HTMLやCSSの知識の無い方も大丈夫です、まずは、ここから、コピペしてそのまま利用してみてください。
でも、「あ~、こんなの無理!」とか、「こんなことはできないの?」と、悲鳴を上げたくなったら、こちらまでお問い合わせください。

見出しを修飾したい

見出しの背景色を変更するには、2つの方法があります。

Jimdoには、大・中・小の3つの見出しがあります。例えば、大の見出しを全て同じ背景色にしたい場合と、一か所だけ背景色を変えたい場合では、推奨する方法が異なります。

続きを読む

リストの前にマークをつけたい

Jimdoでは、通常リストは、数字か、●のリストしか選択できません。

  • 丸のリスト1
  • 丸のリスト2

次のように、独自のマークがついたリストを作成したいときにはどうすればいいのでしょう?

  • マーク付きリスト1
  • マーク付きリスト2
続きを読む

SEO対策

Jimdoブログの効果的な利用方法

ホームページの中でブログを書くのは、実は、有効なSEO対策になるのです。
検索エンジンは、以下のようなホームページを優良とみなす傾向にあります。

  • 良く更新される
  • (内容のある)ページ数が多い
続きを読む

Jimdo FreeでGoogleアナリティクスを設定したい

管理メニューのパフォーマンスにあるGoogleアナリティクスは、Jimdo Freeでは、アップグレードしないと利用できないサービスです。でも、SEO対策としては、必須と言っていい設定です。なぜなら、Google検索とYahoo!検索に自分のホームページの存在を知らせる為の設定だからです。また、Google アナリティクスとJimdoを接続することで、Google検索を介して、あなたのサイトにいつ何人が訪問したのか、どんな言葉で検索され、どこから訪問者が来るのかなどの詳細情報がわかります。 

続きを読む

素材・ツール紹介

ファビコンはどうやって作るの?

ファビコンとは、ブラウザのタブのタイトルの前に表示される小さなアイコンのことです。

ホームページのシンボルマークで、ブランディングやクリック率のアップへ効果があるといわれています。画像で言うと、赤に白抜きのWがそれに当たります。

シンプルなロゴならそれを小さくして表示するのが一般的です。小さくするとつぶれてしまって、図柄がよくわからなくなってしまう場合は、ロゴとは別に、商品やサービスをイメージしやすいものを用意します。

 

Jimdoでは、16×16px(ピクセル)か、32×32pxの画像が必要です。[管理メニュー]>[基本設定]>[共通項目]の[ファビコン]タブでファビコンをアップロードできます。

 

こちら(iconDB)は、英語のサイトですが、大変使いやすくシンプルな無料アイコンが多数用意されています。色やサイズも選べて便利です。このサイトからアイコンをダウンロードして、ご利用ください。

こちら(Favicon Generator)は、任意の画像ファイルを縮小して、各種サイズのアイコンを作成してくれるツールです。お気に入りの画像でファビコンを作成できます。

続きを読む